にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

手帳のサイズをイメージが湧きやすい身近な本の大きさで分類してみた

季節も11月になり年の瀬が近づいてきました。本屋の手帳コーナーには手帳を買おうと多くの人だかりができる季節です。2018年に向けて新たに手帳を購入しようとしている人も多いと思います。本屋などに行って手帳を購入する場合には実物を手にとって手帳のサイズを確認することができますが、ネット通販で手帳を購入する場合には手帳のサイズのイメージが湧きにくいと思います。

手帳には色々なおおきさがあり、いざA5とかB5とか言われてもどのくらいの大きさかピンとこないものです。そこで手帳の大きさを少しイメージが湧きやすい様に分かりやすく分類してみました。

f:id:nimuu:20171102023803j:plain

A6サイズの手帳の大きさ


A6サイズの手帳は文庫本サイズと同じ大きさです。A6の文庫版サイズは出版社によって多少の誤差がありますが大きさは約154✕112mm程です。

B6サイズの手帳の大きさ


B6サイズの手帳の大きさは島耕作シリーズや美味しんぼなどの青年コミックと同じ大きさです。B6の大きさは182✕128mmです。

 

A5サイズの手帳の大きさ


A5サイズの手帳の大きさは集英社から出ているスラムダンクやドラゴンボールの完全版と同じ大きさです。A5サイズの手帳の大きさは210✕148mmです。

B5サイズの手帳の大きさ


B5サイズの手帳の大きさでわかりやすいのは週刊少年ジャンプです。もっとわかりやすいのは学校で使うキャンパスノートです。ノートはB5のものがほとんどなのでイメージが湧きやすいと思います。サイズは約257✕182mmです。

A4サイズの手帳の大きさ


A4サイズの手帳でわかりやすいのが写真集や集英社から出版されている画集です。A4の手帳というとかなり大きなタイプの手帳になります。A4のサイズは297✕210mmです。

まとめ

本屋などで売られている手帳には様々な大きさのサイズがあります。今回ここで分類したサイズ以外にも手帳にはB6の少し細長いサイズであるB6スリムなどのサイズもあります。

手帳は1年間愛着をもって使うものですから自分の活用法にあった自分にあった手帳のサイズを探してみて下さい。