にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

まだまだあったバスケット漫画スラムダンクに残された大きな謎

つい先日スラムダンクを読んでいてちょっとおかしいなと思う点が色々ありました。漫画というのは長期連載していくうちに矛盾が出てくるのはしかたのないことですが、バスケット漫画の名作スラムダンクのいちファンとしてこの謎を指摘してみることにします。

別の記事でスラムダンクの全国大会の謎についても書いています。

www.nimuu.com

f:id:nimuu:20171103090139j:plain

ゴリが高校1年生の時点でバスケが下手

ゴリは柔道部の青田とのやり取りの中でバスケットを中学に入る前からやっていた描写があります。小暮と一緒に中学でバスケ部に入ってからもドリブル練習の際に自分は経験者なのにという愚痴をこぼしている描写があります。

しかし中学校で3年間バスケをやり湘北高校に入ってきた赤木はドリブルやフリースローがまともにできない素人として描かれています。たとえ北村中学が作中でバスケの弱小中学だったとしても中学3年間普通に練習していればここまで下手くそということはないと思います。しかも湘北に入り練習試合で三井にスクリーンをかけろと赤木が指示され赤木はスクリーンがわからないというひどい有様です。

ゴリと晴子の出身中学が違う

ゴリこと赤木は北村中学出身という設定になっています。しかし妹の赤木晴子は四中出身という設定になっています。この二人は本来なら出身中学が同じという設定になっていなければおかしいですね。

どちらかの中学が私立だったとしたらこの設定は不自然ではないです。しかし中学だけ私立に行き高校から公立に行くというのも少し不自然な気がします。

もう一つ推測するとこの二人は年齢が2歳離れています。ゴリが北村中学に入学してから赤木家が引っ越すことになりその赤木家が引っ越した先の住所が四中の学区内だったということも考えられます。赤木家が引っ越してから晴子はそのまま四中に入学し、ゴリはすでに入学している北村中学で3年間を過ごしたということでしょうか。

スラムダンクでインターハイ前に赤木家で桜木、流川、三井、宮城の三人が赤点の追試試験のために赤木の家で勉強合宿をする際に赤木の家が登場していますが、

名門翔陽に監督がいない

 

スラムダンクの作中で翔陽高校は海南大附属に次ぐバスケットの名門高校です。藤間が2年の時にはインターハイにも出場しています。しかし翔陽高校にはなぜか監督がいません。翔陽高校が公立なのか私立なのかはわかりませんが、ベンチに入りきれない控えのバスケ部の部員がたくさんいる高校ということはわかっています。

もし監督がいない高校だったとしてもインターハイ予選の初戦という大事な試合でエースの藤間が試合に出ないでベンチで指示だけ出すというのもおかしな話です。藤間はインターハイ予選の湘北戦で14分だけしか出場せずに湘北に敗れています。もし最初から出場してれいば湘北は負けていたかもしれません。

もし海南に高頭という監督がいなかったら牧紳一がベンチに座ってベンチから指示を出したりするのでしょうか。翔陽には試合を引率する教師が付いていたわけですから、藤間が試合に出ながら全員に指示を出せばよかったんじゃないかと思ってしまいます。バスケットでポイントガードというポジションはコート上の監督と言われています。湘北戦で藤間を監督としてベンチに置いておく意味はなかったと思われます。

三井がグレた時になぜか放置してた安西先生

スラムダンクの作中では安西先生が素晴らしい先生だという描写が多いですが、本当にそうでしょうか。三井は中学時代に負けそうなバスケの試合で安西先生に励まされたことを恩に感じて湘北高校に入学しました。三井はバスケの名門である海南や陵南から誘われていたにも関わらず安西先生を慕って弱小の湘北高校でバスケをすることを選択しています。

そして三井が怪我をした時に同級生の小暮などはお見舞いにいき三井を励ましたりする描写がありますが、安西先生はフォローを入れるわけでもなく放置しています。そして三井がまた骨折しバスケ部を去る時にも安西先生は三井を放置しています。三井はその後バスケ部に復帰しますが、2年間のブランクが有るせいで体力面に不安を抱えたままバスケをプレイすることになります。

三井がグレることがなかったら湘北はインターハイの常連校になっていたかもしれません。三井がグレそうになった時に何もせずに三井を放置し、三井の才能を腐らせた罪は大きいと思います。

ゴリが海南大附属に行かなかったのはなぜか

ゴリこと赤木はことあるごとに全国制覇が目標だと自分にも周りの人間にも言い聞かせている男です。他のバスケ部員が全国制覇を少しでも馬鹿にするような素振りを見せるだけで怒るような男が作中で描かれている赤木という男です。

そうすると疑問になってくるのは赤木はなぜ神奈川県のバスケット名門である海南にいかなかったのかということです。海南大附属は16年連続インターハイ出場を逃していない超名門高校です。たとえ赤木が中学時代無名選手だったとしても一般入試で入学してバスケ部に入れば全国制覇の夢は一気に近づいたのではないかと思ってしまいます。高校一年生の時点で190センチ近くある赤木を海南のバスケ部が入部を断るということはないと思います。

もし高校三年生の時点で赤木が海南にいたら海南のレギュラーは牧、高砂、赤木、神、清田というメンツがレギュラーになっていると推測されます。海南のレギュラーメンバーで唯一格落ちする選手である武藤が控えにまわり赤木と高砂というツインセンターが強力なチームになっていました。このチームなら海南は全国2位でなく全国制覇できていたのでは。

山王戦で湘北が取った得点のうち不明な13点

スラムダンクの山王戦はスラムダンクの本編で作者が全てを描ききったというくらいかなり細かく描写されています。山王戦が描かれている巻数も一番多く25巻から最終巻の31巻まで山王戦での試合が描かれています。山王戦で湘北が試合終了までに取った得点は全部で79点です。しかし作中で描かれている山王戦の得点の内訳を書くと

  • 桜木 14点
  • 流川 13点
  • 赤木 12点
  • 三井 25点
  • 宮城 2点

となっており合計で66点分の描写しか描かれていません。残りの13点は誰が得点をあげたのか不明になっています。山王戦では三井がスリーポイントで点を取りまくりチームの得点王になっています。流川は高校生ナンバーワンプレイヤーである沢北に封じられ山王戦では得点力が落ちています。一方桜木は山王戦で一気に点も取れる選手に成長しています。赤木はナンバーワンセンター河田に封じられ神奈川予選の様な得点力は発揮できていませんでした。

不明の13点は誰が得点を上げたのかは不明ですが、山王戦で点を取れていたのは桜木、流川、三井の3人です。この3人の誰かの得点だと推測しておきましょう。

まとめ

やはりスラムダンクにはまだまだ謎が多いです。特に一番多く上がることが多いのは翔陽に監督がいないのはおかしいということじゃないでしょうか。高校生で選手兼監督をするということは漫画じゃないとあり得ない話です。

プロ野球なら野村克也さんや古田敦也さんなどが選手兼監督に就任していますが、それも稀な例です。

翔陽の藤間が選手兼任監督という設定になったのは海南との違いを出すために無理やりそういう設定になったと推測しておきましょう。