にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

30巻以内にストーリーが完結するジャンプやマガジンなどの漫画

漫画で一気に全巻読むのにちょうどいい巻数というのは人によって色々な意見が有ると思いますが、個人的には30巻前後の巻数がちょうどいいと巻数じゃないかと思っています。それ以上巻数が多いとちょっと一気に読むには巻数が多いなと感じます。少しづつ読むよりも一気に読んだほうがストーリーも頭に入りやすく楽しめると思います。

そこで巻数が30巻以内で完結する漫画を集めてみました。すべてストーリーが完結している漫画なので一気に読むと楽しめると思います。

f:id:nimuu:20171105125954j:plain

封神演義 23巻完結

 古代中国のSFファンタジー小説封神演義を漫画家したものです。現代風にコメディ要素などが取り入れられており原作の封神演義を知らない人でも楽しめる漫画です。

るろうに剣心 28巻完結

 ジャンプで歴史モノの漫画はヒットしないという前例を覆した漫画です。るろうに剣心には歴史上実在する人物である大久保利通や斎藤一などが登場しています。また幕末の歴史についてもるろうに剣心の中で触れているので歴史がすきなひとだったら楽しめる漫画です。

現在ジャンプSQでるろうに剣心の北海道編というのが連載されており、成長した弥彦などの活躍が期待されている。

鋼の錬金術師 27巻完結

作者は男性っぽい名前ですが女性です。ガンガンで連載していた漫画で久々のヒット作品でありながら引延しをせずに物語を終わらせました。ハガレンは世界的にもヒット漫画となり海外でも高く評価されている漫画です。

2017年の冬に実写化される予定であり原作ハガレンファンからの前評判はあまりよくないようです。

ヒカルの碁 22巻完結

 

碁の漫画をジャンプで連載しヒットさせたすごい作品。漫画原作者がほっやゆみで絵を小畑健が描いている。小畑健はヒカルの碁がキッカケで大ブレークし次の連載であるデスノートやバクマンなどでも絵を手がけるようようになった。

ヒカルの碁は碁の知識がメインの漫画というよりは少年漫画らしく主人公の成長がメインになっている漫画です。囲碁の知識がなくても楽しめる漫画です。

GTO 25巻完結

マガジンで連載され人気が出てドラマ化もされた漫画。最初にドラマ化された時には反町隆史がGTOの鬼塚英吉を演じ、2回目にドラマ化されたときにはEXILEのAKIRAが演じた。

主人公の鬼塚英吉は藤沢とおるの別の漫画である湘南純愛組にも登場している人物である。鬼塚が卒業した大学である優羅志亜大学という大学は架空の大学です。

ドラゴン桜 21巻完結

 東大に入るのは難しい、誰でも簡単に入れるものではないという考えを真っ向から否定した漫画です。本作品に登場する桜木弁護士が放つ言葉である「東大は簡単だ!」という言葉には最初は驚かされると思います。しかしその言葉にはちゃんとした理屈があり読んでみるとなるほどと納得させられていまいます。

受験生は受験勉強の参考書を読む前にドラゴン桜を全巻読むと勉強のモチベーションがだいぶ変わってくると思います。

医龍 25巻完結

医龍は自分の腕だけで勝負する医者である朝田龍太郎が自分の腕だけで大学病院の権威に立ち向かっていく様子を描いた漫画です。朝田が自分の腕だけで大学病院の組織に立ち向かっていくところは見ていて爽快です。

医龍は坂口憲二主演でドラマ化もされており、ドラマ版は殆どがオリジナルストーリーで構成されています。

キャプテン翼文庫版 21巻完結

 キャプテン翼は大空翼の成長を描く漫画です。小学校編から始まり翼が中学生3年生になるまでを収録しています。成長する過程で様々なライバルたちとサッカーで対戦していき翼が成長していきます。最終的には翼が小学生や中学生時代に知り合ったメンバー達がナショナルチームを構成して世界のチームと戦っていきます。

キャプテン翼は海外でも人気があり、キャプテン翼を読んでサッカーを始めた選手もいるそうです。

ダイの大冒険文庫版 22巻完結

 少年漫画の王道のような漫画です。主人公のダイが魔王軍と戦いながら成長していく様子を描いた漫画です。ドラゴンクエストで登場する呪文やモンスターが多数登場します。

物語が後編になるほどドラゴンクエストということを忘れて別の漫画として楽しめるようになります。ダイの大冒険で作中では3ヶ月程しか時間が経過していないというところに驚きます。

黒子のバスケ 30巻完結

 ジャンプで連載されていたバスケ漫画であるスラムダンクとは全然違うバスケ漫画。主人公の黒子テツヤは帝光中学バスケ部の幻の6人目と呼ばれるくらい一目を置かれたプレイヤーでその影の薄さを利用してチームを勝利に導くという従来のスポーツ漫画には中々いない主人公です。

同じくジャンプで連載していたスラムダンクの主人公である桜木花道とは全く逆のタイプで、対比して読むととてもおもしろいと思います。

幽遊白書 19巻完結

 霊界探偵浦飯幽助の活躍を描く漫画。現在連載中であるハンターハンタの作者冨樫義博の出世作といえる作品です。幽遊白書は大きく分けて暗黒武術会編と魔界の扉編、魔界トーナメント編にストーリーが分かれています。

敵キャラや味方キャラに人気キャラが多く主人公の遊助はあまり人気がありませんでした。

北斗の拳 27巻完結

 北斗の拳に登場するキャラ、必殺技などは一度見たら忘れられないくらいインパクトのあるものが多いです。連載から30年経っても人気があるのは凄いと思います。

今だにどこかしらで北斗の拳のキャラ関係のものを見ます。連載が終了してからも根強く支持されているのは北斗の拳とドラゴンボールぐらいじゃないでしょうか。

JIN-仁- 20巻完結

 仁は漫画よりドラマが大ヒットし有名になった漫画です。ドラマは大沢たかお主演で放映され、視聴率20%超えの高視聴率ドラマとなりました。

現代の医学知識をもった医者が江戸時代にタイムスリップしたらどうなるのかというSF要素の強い医療漫画となっています。

サイコメトラーEIJI 25巻完結

 物や人に触れるとそこに残った過去の記憶を読み取る事ができるというサイコメトリーという超能力をもった高校生である映児が、その能力で警視庁の女性刑事に協力して様々な難事件を解決していくという漫画です。

犯人を推理していくというところは同じマガジンで連載していた金田一少年の事件簿に似ている部分があると思います。現在続編であるサイコメトラーがヤングマガジンで連載されています。

ジゴロ次五郎 22巻完結

 妖車と呼ばれるシルビアにジゴロが乗り、他の車乗りと車を使って次五浪が対戦していくが、最終的に妖車に宿った不思議な力で必ず次五郎が勝負に勝ちます。

加瀬あつしの前作カメレオンと同様にところどころで登場するギャグが面白いです。

クニミツの政 全27巻完結

選挙や政治をテーマに描いた珍しい漫画。主人公である武藤国光はサイコメトラーEIJIにも登場している人物であり、スピンオフ作品ということができます。

ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章 21巻完結

現在連載中であるドラゴンクエスト列伝ロトの紋章~紋章を次ぐ者達への20年前のストーリです。このロトの紋章はドラゴンクエスト3の続きを描いたストーリーなのでドラゴンクエスト3をクリアした後に読むと色々な伏線がはってありより面白くストーリが読めると思います。

おなじくドラゴンクエストを描いた漫画であるダイの大冒険との違いはロトの紋章では連載時間の経過とともに作中のキャラたちの年齢も成長していくところです。連載期間が5年程だったので主人公たちは最終的に5歳ほど作中で歳を重ねています。