にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座を作った後に使えるPCサイトについて簡単に説明

ビットフライヤーの口座は作るだけでもかなりのメリットがあります。ビットコインやアルトコインの取引はしたくないと言う人でも口座を作っておくだけでもビットコインがもらえたりするメリットがあります。また口座を作ることで仮想通貨の勉強にもなったりします。口座を開くのは簡単なので是非開いてみて下さい。今回はビットフライヤーの口座を開いた後に使えるPCサイトについて簡単に説明しようと思います。

f:id:nimuu:20171025105549p:plain

ビットフライヤーのログイン画面

f:id:nimuu:20171025064941p:plain

このログイン画面からビットフライヤーにログインします。口座を持っていない人は右下のアカウント作成をクリックしてアカウント作成の手続きに入って下さい。

ビットフライヤーのホーム画面

f:id:nimuu:20171025070923p:plain

ログインしてホーム画面にいくとこのような画面になっています。ホームに資産状況や現在保有している仮想通貨の一覧と日本円の資産が表示されます。仮想通貨を保有している場合、その仮想通貨が現在日本円換算でいくらなのかも資産状況に表示されます。自分で計算する必要がないので楽ですね。

ホーム画面の右上には現在の1BTCの価格がいくらなのかも表示されています。仮想通貨の基軸通貨であるビットコインの値段も随時表示されているので便利なサイトの作りになっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

入手金画面

f:id:nimuu:20171025073424p:plain

ビットフライヤーに日本円を入金する際には画像の下に表示されている三井住友銀行の口座番号に入金をします。入金をすると入金した金額が表示されます。

ビットフライヤーの入手金画面からビットコインアドレスを確認する

f:id:nimuu:20171025070947p:plain

ビットフライヤーの入出金→BTCお預入とクリックすると自分のビットフライヤーでのビットコインアドレスを確認することができます。左側にビットコインアドレスのQRコードがあり、右側に英数字のビットコインアドレスがあります。英数字のビットコインアドレスはダブルクリックするだけで簡単にコピーすることができます。

入出金画面からモナコインアドレスを確認する

f:id:nimuu:20171025071024p:plain

入出金画面から自分のモナコインアドレスも確認することができます。こちらも左側にQRコードが表示されており、右側には数字とアルファベットで表示されたモナコインアドレスが表示されています。

ビットフライヤーのビットコイン取引所

f:id:nimuu:20171025071054p:plain

以前の記事で仮想通貨取引所は販売所と取引所があると説明しました。取引所は仮想通貨を売りたい人同士が仮想通貨を売る場所です。

取引所では株の板の様に売買が成立したところで値段が決まります。仮想通貨を買いたい人が多ければ価格が上がりますし、売りたい人が多ければ値段が下がります。上の画像だと板の左が売り板で右が買い板です。

ビットフライヤーでは取引所で扱っている通貨はビットコインのみとなっています。今度取り扱う通貨が増えることに期待しましょう。

 

ビットフライヤーのビットコイン販売所

f:id:nimuu:20171025071107p:plain

先程ビットコイン取引所の説明をしましたが今度はビットコイン販売所の説明をします。取引所は仮想通貨を売りたい人同士が仮想通貨を取引しますが、販売所では業者(ビットフライヤー)と仮想通貨を取引します。取引所と販売所についてはこちらの記事を御覧ください。

www.nimuu.com


上の画像ではビットフライヤーのビットコイン販売所の購入価格と売却価格が表示されていますが、購入価格が高く設定されています。この差をスプレッドといいます。この差額はなぜ発生するかというとこの差額がビットフライヤーの儲けになります。

普通にビットコインなどの仮想通貨を購入しようとした場合取引所で購入したほうが安いです。じゃあ販売所は意味が無いのかというとそんなことはありません。販売所は販売元が企業であり、24時間いつでも仮想通貨が購入することができます。取引所はオークション形式なので売り手、買い手がいなかったら売買が成立しないというデメリットがあります。

ビットフライヤーでビットコインの取引所しかないのも他の仮想通貨だと取引所のオークション形式での売買が成立しないのではないかと予想されます。

 ビットフライヤーのアルトコイン販売所

f:id:nimuu:20171025071132p:plain

ビットフライヤーで取り扱っているアルトコインは

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

の5つのライトコインを取り扱っています。取り扱っているアルトコインは仮想通貨取引所によって違います。例えば仮想通貨での時価総額3位のリップルはビットフライヤーで取り扱っていないので購入することができません。リップルはコインチェックで購入することができます。

クレジットカードで仮想通貨を購入する

f:id:nimuu:20171025071147p:plain

ビットフライヤーではクレジットカードでも仮想通貨を購入することができます。VISAとMaster Cardに対応しています。今のところ購入できるのはBTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)だけのようです。

購入金額と仮想通貨の数量を入力することでクレジットカードで購入することができます。

ビットフライヤーの設定画面

ビットフライヤーの設定画面では個人情報やセキュリティ関連の6項目が設定ができます。

ログイン履歴及びIPアドレス

f:id:nimuu:20171025071201p:plain

設定のトップ画面でどのIPアドレスからビットフライヤーのアカウントにアクセスがあったかが記録されています。前々回、前回、今回と3つのIPアドレスが表示されています。見慣れないIPアドレスからのアクセスがあればすぐにわかるようになっています。

bitFlyerアカウントご登録内容

登録内容の変更はここからできます。個人情報を変更する際には毎回免許証などの本人確認証をアップロードしなくてはいけないようです。なので本人情報を入力する際には個人情報を間違えないように入力しましょう。

外部ビットコインアドレスの編集

f:id:nimuu:20171025071233p:plain

外部ビットコインアドレスを予め登録しておくことができます。ビットフライヤーの口座に入っているビットコインを他の取引所の口座や自分が持っているウォレットなどに移したい時などに予めビットコインアドレスを登録しておけます。ウォレットについてはこちらの記事を御覧ください。

www.nimuu.com

パスワード変更

パスワードはセキュリティ面を考えてこまめに変更したほうがいいでしょう。ビットフライヤーのパスワードは9文字以上100文字以内で設定できます。1234などのよく使われる文字列は1文字としてカウントされるそうです。

セキュリティ設定

f:id:nimuu:20171025071219p:plain

セキュリティ設定の項目からはEコマース機能の設定、ログイン通知メール機能の設定、2段階認証の設定ができます。

ログイン通知メールの機能はログインするたびに自分のメールアドレスにメールが届きます。セキュリティ面を考えるとよい機能なのですが、メールボックスに邪魔なメールを溜めたくないという人はチェックを外して向こうにしておくといいでしょう。

2段階認証の設定ではよりセキュリティを強化するために2段階認証の設定をできます。2段階認証を設定できるのはログイン時、外部アドレスの登録時、日本円の出金時の3つです。資産である仮想通貨を扱うサイトですからセキュリティを厳重にしておいて損することはないでしょう。

言語サウンド

ビットフライヤーのサイトではログインする時に音が鳴ったりと色々とサウンドがなる場面が多いです。サイトを使っていてサウンドがうっとおしいと思ったらオフにできます。言語の変更もこちらから可能です。言語は日本語、英語、中国語の3つの言語に対応しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で