にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

ビットコインなどの仮想通貨のウォレットは何種類ぐらいあってどうやって使うのか

仮想通貨には実際のお金と違って実態がありません。普段使っているお金だったら財布に入れて持ち歩き店に行ってお金を払うという使い方をしていますが、ビットコインなどの仮想通貨の場合通貨を貯めておく財布はどうするのでしょうか。今回は仮想通貨のウォレットについて書いていきたいと思います。

f:id:nimuu:20171021124750j:plain

取引所のウォレット

ビットフライヤーやザイフ、コインチェックなどの取引所に口座を開くと自動的にウォレットが作られます。取引所ごとにウォレットが1つ作られるので3つの取引所で口座を開いたらウォレットが3つできます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所に口座を開き最初にビットコインを購入する場合、日本円でビットコインを購入する必要があるので、まず取引所に日本円を入金します。その入金した日本円でビットコインを購入します。購入したビットコインは取引所のウォレットに反映されます。

取引所で購入したビットコインを自分が開いている他の取引所のウォレットに移すことも可能ですし、これから説明するホットウォレットやコールドウォレットなどの自分のウォレットにビットコインを移すことも可能です。

ホットウォレット

ホットウォレットとは常時ネットワークに接続されているウォレットのことを言います。ウォレットがインターネットに接続されているためクラッカーなどの不正アクセスにあう危険もあります。ソフトやアプリを自分でPCやスマホにインストールして、そこにビットコインを送るというウォレットのことです。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとして有名なのはビットコイン・コアです。Windows、Mac、Linuxなどで使用可能なウォレットです。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとして有名なのがBlockchain.infoというサイトです。

blockchain.info

いくつかあるウェブウォレット中では最大手であり、日本語表記に対応しているウェブウォレットは今のところここだけです。ウェブウォレットはセキュリティ面がサイトの管理者に一任されているために、もし仮想通貨の保管でウェブウォレットを使う場合はセキュリティがしっかりしているウェブウォレットを選びましょう。

先ほど説明した取引所のウォレットもウェブウォレットの1つと言えます。取引所が運営しているウェブウォレットに仮想通貨や現金を預けているという状況です。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとはiPhoneやAndroidといったスマートフォン上のアプリとして使用することができるウォレットです。いくつかあげてみると

Mycelium

  • 日本語 対応(Androidのみ)
  • Android 対応 
  • iPhone 対応

Bread wallet

  • 日本語 対応(iOSのみ)
  • Android 対応
  • iPhone 対応

Bitcoin wallet

  • 日本語 対応
  • Android 対応
  • iPhone 非対応

などがあります。モバイルウォレットはスマートフォンなどのアプリにビットコインを入れて店舗などで使いたい時に便利なウォレットです。少額の決済に向いているウォレットと言えるかもしれません。

モバイルウォレットもデスクトップウォレットと同様にセキュリティ面を考えると多額のビットコインを入れて保管するといった用途には向かないウォレットかもしれません。

コールドウォレット

ホットウォレットはネットワークに接続して使用するウォレットでしたが、コールドウォレットはネットワークに接続していないウォレットです。

コールドウォレットはネットワークに接続しないのでオンライン上の脅威からビットコインを守れるというメリットがありますが、これから説明するハードウェアウォレットではウォレットとして使う端末が壊れてしまったり、端末を紛失してしまうというリスクがあります。

ハードウェアウォレット

 

TREZOR(トレザー)というハードウェアウォレットが有名です。ビットコインを含む7つの仮想通貨のウォレットとして使用することができます。
セキュリティ面も強くTREZORではパスワードを一度間違えると次にパスワードを入力する時間が伸びるようになっています。間違え続けるとパスワードを入力できる時間がどんどんと伸びていきます。

またTREZORにはリカバリシードというものがあり、端末をなくしたり壊してしまったりしてもTREZOR端末上のリカバリシードを覚えておけば新しい端末でデータを復旧することができます。リカバリシードは24個の単語を決められた順番で覚えておく必要があります。TREZORの本体にはリカバリシードカードというものが付いておりそこにメモをすることができます。

TREZORのパッケージ内容
  • TREZOR本体 1個
  • Micro USBケーブル 1本
  • リカバリシードカード 1枚
  • ユーザーガイド 1枚
TREZORが対応している通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ダッシュ(DASH)
  • ライトコイン(LTC)
  • Zcash(ZEC)
  • イーサリム(ETH)
  • イーサリムクラシック(ETC)
TREZORの日本語マニュアル

TREZORの公式サイトは英語なので英語が読める人は公式サイトのマニュアルを読めばTREZORの設定方法などはわかると思います。
日本語のマニュアルが読みたいという人は取引所のZaifのTREZOR日本語マニュアルサイトを読んでみて下さい。

corp.zaif.jp

ペーパーウォレット

 ペーパーウォレットは紙にQRコードを印刷しそこにビットコインのデータを入れて使う仕組みです。その紙に1BTC分のビットコインを印刷すれば、その紙は1BTC分の価値を持ちます。ペーパーウォレットはビットコインをオフラインで保管することができるので安全な保管方法だと言われています。ただペーパーウォレットはQRコードを印刷した紙をなくしてしまったらビットコインを使うことはできないので注意が必要です。

ペーパーウォレットはウォレットを作る際にもオフラインで作成することができます。
Bit address.orgというサイトでペーパーウォレットを作ることができます。このサイトは日本語にも対応しておりペーパーウォレットのサイトとして広く使われているサイトです。

このサイトをどのようにしてオフラインで使うのかというとサイトを開いたら右クリックを押して名前をつけて保存を押します。(PCの場合)あとはPCをオフラインにして保存したファイルからビットアドレスのサイトを開けばビットアドレスのサイトをオフラインにして使用することができます。

まとめ

仮想通貨のウォレットは色々ありますがやはりセキュリティ面を考慮して選んだほうがいいでしょう。少額の決済ならホットウォレットであるモバイルウォレットでもいいですが、大量のビットコインを長期投資で保管しておく場合などはセキュリティ面などを考えコールドウォレットであるハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどのオフラインで保管できるウォレットで保管するのがいいでしょう。