にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

ビットコインを初期から投資して億万長者になった人達

仮想通貨ビットコインが連日値上がりをしています。ついには60万円台を突破し、このまま100万円台まで一気に突破してしまいそうな勢いです。

仮想通貨ビットコインも数年前まではとても安い値段で取引されていました。その頃にビットコインの可能性に目を付けて億万長者になった人もいます。今回はビットコインに初期から投資をして億万長者になった人を何人かあげていきます。

f:id:nimuu:20171016104703j:plain

ウィンクルヴォス兄弟

ウィンクルヴォス兄弟はフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグとハーバード大学で同級生だったことで有名です。マーク・ザッカーバーグをテーマにした映画ソーシャル・ネットワークにもウィンクルヴォス兄弟は出てきます。この映画ではマーク・ザッカーバーグにフェイスブックのアイディアを盗まれ裁判を起こすマヌケな役として描かれていますが現実世界のウィンクルヴォス兄弟は単なるマヌケではありませんでした。

ウィンクルヴォス兄弟はマーク・ザッカーバーグとのフェイスブック関連の訴訟問題が落ち着くと2014年4月にベンチャーキャピタルを設立し投資家としての活動を始めます。そしてビットコインが一時的に急落した2013年にビットコインへの投資を決断し、見事に投資に成功しています。

ロジャー・バー

ロジャー・バーはビットコイン投資家として有名な人です。ロジャー・バーはシリコンバレーで生まれ育ったアメリカ人ですが、すでにアメリカ国籍を放棄しておりカリブ海の島のセントクリストファー・ネイビスという国の国籍を取得しています。

現在はカリブと日本両方の国を行き来して暮らしているそうです。ロジャー・バーは日本に住んでいることもあって日本語も堪能です。ロジャー・バービットコインが1ドル前後のときにリスクをとって大量にビットコインを購入していました。2013年のインタビューではビットコインはまだ割安で100万円、1000万円くらいにはなると語っていました。

クリストファー・コッホ

クリストファー・コッホはビットコインを購入した2009年の当時はノルウェーに住んでいる大学生でした。暗号化について大学の卒論を書いている際に当時全く知られていなかったビットコインのことを偶然知り27ドル払って5000ビットコインを購入しました。しかしそれきりクリストファー・コッホ はビットコインを買ったことすら忘れておりそのまま4年間ビットコインを放置していたそうです。

4年後にニュースでビットコインのことを思い出し、当時買ったビットコインがいくらになっているかをクリストファー・コッホ は確認したそうです。そうするとなんとビットコインが約1億円近い値段になっておりオスロの一等地に家を買ったそうです。

ビットコインが使用開始になったのが2009年の1月3日ですからクリストファー・コッホ はビットコインが世の中に登場してからすぐに買ったということになります。仮想通貨は早く買えば買うほどリターンが多いということわかるケースですね。

ジャレッド・ケンナ

ジャレッド・ケンナは30歳の時に1ビットコインが20円の時に5000ビットコインを購入して保管していました。20円で購入したビットコインは保管しているうちにどんどん価値がふくれあがりあっという間に2億円を超える価値になりました。ジャレッド・ケンナはその資金を元手にビットコインの取引所をつくり大成功をおさめています。

コンスタンティン(匿名)

コンスタンティンは本名ではなく匿名です。ビットコインのコミュニティーで彼が使っていた名前です。コンスタンティンはビットコインの価格がまだ20円程の頃にビットコインを大量に買っており、ビットコインの普及にむけた活動をしていました。そのことから別名ビットコイン・フィクサーなどとも呼ばれています。

サトシ・ナカモト

サトシ・ナカモトはビットコインを作った人物として有名です。サトシ・ナカモトという名前が本名なのか偽名なのかも不明であり、どこの国の人なのかもすべて不明となっています。サトシ・ナカモトが発表した論文がすべて英語だったため日本人ではないと推測されています。2009年にビットコインのソフトウェアをネット上に発表し、2010年頃にはビットコインの運用を他の人に任せるようになったと言われています。

なぜサトシ・ナカモトが億万長者かというとビットコインが発表された初期にマイニングをしていたのがサトシ・ナカモトだからです。サトシ・ナカモトは少なくとも100万BTCをマイニングしたと噂されており現在の価格になおすと1BTCを60万円で計算したとしても6000億円という資産をもっていることになります。今世界を賑わせているビットコインの開発者ですから6000億円くらい儲けるのが当然でしょうか。

まとめ

株にしろ仮想通貨にしろまだ世間が注目していない時にどれだけ素早くリスクを取って投資を行えるかが重要だと思いました。値上がりしてから注目して買い始めても遅かったりするんですよね。