読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

アイフォン8はLightningケーブルがなくなってUSB Type-Cが導入されるらしい

初代アイフォンが発売したのが2007年の6月29日なので

アイフォンシリーズもそろそろ発売して10年が経とうとしています。

その10年の節目に登場しようとしているのがアイフォン8です。

 

アイフォン8では曲面ディスプレイが使われる、物理的なホームボタンが

完全に廃止される、ディスプレイの強度を高めるためにサファイアが採用される

などの様々な噂話が出ています。

f:id:nimuu:20170302081633j:plain

アイフォン8ではコネクタに大きな変更点があるようです。

ウォールストリートジャーナルによるとLightningケーブルか廃止されて

USB Type-Cが導入されると発表しました。

Lightningケーブルとは

Lightningケーブルとはアップル製品をPCなどに接続する時に使うケーブル

のことです。アイフォンやアイパッドを使う時はこのケーブルを必ず使います。

f:id:nimuu:20170302080610j:plain

アイフォンが普及してからこのケーブルを見る機会も多くなりましたね。

アイフォンを充電するのにもパソコンに繋ぐときにもこのケーブルを使います。

USB2.0の様に上下を気にすることがないので使いやすいケーブルだと思います。

USB Type-Cとは

f:id:nimuu:20170302081743j:plain

USB Type-CはUSBの次世代規格USB3.1で制定された新しいコネクタ規格で

すでに2016年10月に発売されたMacBook ProにUSB Type-Cが搭載されているほか

昨年末に発売されたXPERIA XZにもUSB Type-Cが使われている。

 

USB Type-Cのいいところはコネクタの差込口が上下左右対称的なデザイン

となっているので、USB2.0の時にあった向きが違っていてコネクタがはいらない

ということがなくなります。

 

もうひとつは電源供給も映像出力も1本のケーブルまかなえるところでしょうか。

USB Type-Cケーブルは双方向に電源供給の機能が付いており、今後USB Type-C

が使われている機器が順調に増えていけば、USB Type-Cケーブル1本で

電源の供給から映像の出力まですべてまかなえるようになります。

 

Lightningケーブルの時のようにアップルが使う規格を変更するだけで

他の機器にも大きな影響が出てきますからね。

今後の続報に期待したいです。