にむチャンネル

30代社会人のブログ初心者がやっている雑記ブログです。気軽に読者登録してください。

この世を去る直前に誰もが口にする後悔の言葉

ネットで調べたこの世を去る直前に多くの人が語る後悔の言葉を

自分が共感したものを集めて書いてみました。 

f:id:nimuu:20170301072331j:plain

あんなに一生懸命働かなくてもよかった

会社に所属しているとどうしても仕事優先の生活になってしまいます。

日本の会社というのは新卒で入社して定年まで働くという

終身雇用の習慣が深く根付いています。

終身雇用で長く会社に所属していたほうが給料も上がりやすいですからね。

 

そうすると仕事だけを一生懸命が頑張るという人生になってしまいがちですね。

そしてあっという間に定年になりこの世を去る直前に後悔するという感じでしょうか。

生活するためには仕方のないことかもしれませんが。

もっと友人関係を大切にすればよかった

1度築いた友人関係というのは永遠に続くものではなく、定期的に連絡を取るなどして

おかないとあっというまに消滅してしまいます。

 

学生であれば中学から高校、高校から大学と環境が変わる度に連絡を取らなくなり

友人関係が消滅するということも多いでしょう。

 

一番多いのは学生から社会人になり環境が大きく変わりお互い忙しくなり

全く連絡を取らなくなり友人関係が消滅することでしょうか。

 

今の時代SNSという便利なツールがあります。

そういうツールを上手く使って友人関係をうまく維持していきたいですね。

もっと旅をしておけばよかった

人生で旅ができる機会というのは限られていると思います。

社会人であれば週に5日働いていれば休日にしか旅することができません。

長期休暇などがあれば思う存分旅をすることができますが、

中々長期休暇というのは取りづらいと思います。

 

近場の国内旅行なら週2日の休みを利用して簡単に行くことができます。

しかし海外旅行となると中々短い休暇でいくことはできません。

 

人生で全く見知らぬ土地に旅行に行くという経験は大きな財産に

なると思います。人生で後々後悔しないように旅行に行きたいですね。

他人の考えを気にしなければよかった

多くの人は他人からの評価を気にして生活しています。

組織に所属していると他人の考えなしに行動することは

まず不可能でしょう。

 

しかし他人の考えを尊重すればするほど自分が取れる行動の幅は

狭くなり、窮屈な生活を送らなければいけなくなります。

 

他人の考えでなく自分の考えで動くことが理想ですが、中々そうもいかないことが

多々あると思います。しかし人生最後になって後悔するくらいなら

他人の考えを気にしすぎるのはよくないのかもしれません。

もっと家族との時間を大切にすればよかった

家族と一緒に過ごせる時間は多いように見えて実はかなり少ないと思います。

例えば祖父母と一緒に過ごせる時間というのはかなり短いですし、

親も自分よりも先に亡くなってしまうことが多いです。

 

結婚して子供が出来た場合、子供が小さいうちに遊べる時間にも限りがあります。

子供はすぐに成長し反抗期になり、家から巣立っていってしまいます。

 

家族と一緒に過ごせる時間は有限であると意識しながら毎日生活し、人生の最後に

後悔しないようにしたいですね。

あれこれ悩まなければよかった

人には必ず悩みがあります。悩みのない人間なんていないでしょう。

どんなお金持ちでも貧乏人でもちょっとした悩みはあるでしょう。

 

しかし悩みに時間を取られて行動に移さないのは

非常にもったいないことだと思います。悩みの殆どはささいなことです。

 

しかし一度悩みだすと多くの時間を取られてしまうんですよね。

悩みに時間を取られるののではなく、行動に移す勇気をもちたいものですね。

まとめ

この世を去る直前の人が語る言葉だけあってどれもなるほどなと

思うものばかりでした。

調べていて後悔しない人生を送るためには日常の生活をどう過ごせばいいかという

大きなヒントになりました。これを教訓に後悔しないような人生をおくりたいですね。